ブルージュの街

ブルージュには国際的な港として活動してきた長い歴史があります。ブルージュ最古の貿易地域であり、中世初期の港は 1050 年頃までは海からしかアクセスできませんでした。1134 年の嵐で発生した洪水により、フラマンの海岸地域が再形成され、ズウィンという深い運河が現れ、当時は今のダムの街まで続いていました。街はズウィンからブルージュまで続く運河を通じて 15 世紀まで海と繋がっていましたが、ブルージュはダムやスロイスといった港を利用する必要がありました。今でも繋がりがあるものの、現在ではその名が示す通り、主要な港はゼーブルージュとなりました。